nishi-hack!

lifehack系サイトをめざしています。
<< お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし | main | レバレッジ・リーディング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
「努力するのに成果が上がらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」の違いはレバレッジの考え方にあった。
必要なのは「労力」「時間」「知識」「人脈」の4分野への自己投資。
スポーツ・経営・投資・脳科学の方法論をベースに自己啓発に応用した仕事術を紹介する。
訓練不要で誰にでも実践できるノーリスクのシンプルな方法論。


「レバレッジ・シンキング」は、少ない労力と時間で大きな成果を、というDMWL(Doing More With Less)の考え方を示したものであり、4分野への自己投資を対象としています。

このうち、「時間」は「レバレッジ時間術」、「知識」は「レバレッジ・リーディング」に詳しいので、残る「労力」「人脈」の分野で参考になった点を記しておきます。

「労力」のレバレッジでは、仕組み化と習慣化がポイントになると思います。

特に日常の定型業務は、マニュアルやフォーマットを作成したり、チェックリスト作りに時間を費やすことで、スムーズに仕事を進めることができ、所要時間の把握もしやすくなり、効果を実感できます。

「人脈」のレバレッジでは、第1段階としてのコントリビューション(Contribution=貢献)の姿勢が大切だと思います。

まずは相手にどんなバリューを提供できるかを考えながら、自分のレベルアップを図っていけば、自ずとコネクションが構築されていくはずです。

常にDMWLを意識した行動を実践したいですね。
| nishihack | book | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:51 | - | - |









http://nishihack.jugem.jp/trackback/42
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ