nishi-hack!

lifehack系サイトをめざしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
世界的な経営コンサルティング会社で受けさせられる「問題解決能力」のトレーニングを、中学生向けにカンタンにブレイクダウン。
世の中を生き抜くホンモノの思考力が身につきます!

「問題解決」という難解な話題を、中高生にわかるような平易なことばで書かれた良書です。

「問題解決」とは、
 峺従を正確に理解し」
◆嵬簑蠅慮彊を見極め」
「効果的な打ち手まで考え抜き」
ぁ崋孫圓垢襦廚海

と定義しています。

一見わかりきったことのように感じますが、そういう私は本書で言うところの「評論家」くんになってはいないか、とふと考えさせられます。

紹介されている問題解決の手法も、マインドマップやロジックツリーを、「分解の木」「仮説の木」といった表現にしていて、親しみやすくなっています。

問題解決キッズのホームページが充実していて、本を読まなくても十分理解できますよ。
| nishihack | book | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星
Amazonおすすめ度:
よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。
あなたをとりまく人間関係のトラブルを、一挙に解決する考え方を紹介。

「自分への裏切り」を行ったとき、「箱」に入ってしまい、それを持ち歩くようになってしまう。

「箱」の中にいると、他人を貶め、自分を正当化するようになり、自分の行動を変えようとしても外には出られない。

「箱」の外に出ることができる唯一の方法は、他の人々に抵抗するのをやめたとき、という示唆が深いですね。

女性と口論になったとき、まずは反論せずに女性の言い分を全部聞いてあげるのが大切、と以前何かで読みましたが、それが思い出されました。

自分がいま「箱」に入っていないか、自問してみることを心がけたいですね。
| nishihack | book | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ